四畳半の住人 / 文旦のステキな食べ方 / 文旦〜10番弟子の作品 No.3

■■ 文旦〜10番弟子の作品No.3 ■■
作者:四畳半の住人 -
 2006年のトップバッターは、10番弟子のニイツさん。最近、横浜から倉敷に引っ越されてますます文旦技に磨きがかかり美しい画像が届きました。もっともニイツさんの作品は第一作目からすごくキレイでしたが。。。しかも、きっと食いしん坊なんだろうなぁ〜〜(ご免なさい)、食べ方も研究されています。凍らし文旦は素晴らしいアイデアでしたが、未だに我が家では難しいです。剥いていて勝手に手が食べちゃうんですよね。不思議。 倉敷では白桃も「10分位の氷水で冷すと美味しい」とさらに研究されています。今後もニイツさんのご報告が楽しみです。キレイなので画像も大きくしちゃいました。ちょっと重いです。
 私、まだ露地物の文旦は食べてないなぁ。。なんて思っていたらやっぱり季節。オレンジハートさんからダイレクトメールも来たし、バッタ物もあるかもしれんし、注文しなきゃ。。私も今年こそ!!! 作品を!!!!!

10番弟子 No.3 倉敷のニイツさん

凍らし文旦
 さすがに高知に近い土地柄でこちらに来ると文旦が普通にスーパーに売っていたり 、果実店などでは袋詰めの文旦が手に入ります。昨年は充実した文旦ライフ(?)をエンジョイしました。暮れに早速去年見つけた果物屋さんで路地文旦を購入しました。5玉入り1,000円で少し酸味が強いですが、さわやかな甘みは十分堪能でき去年まではあまり手を出さなかった4歳の娘が、バクバク食べております。

他の弟子の作品はこちら
2番弟子3番弟子4番弟子5番弟子6番弟子テキサスの文旦(7番弟子)8番弟子9番弟子10番弟子
凍らし文旦(10番弟子)11番弟子12番弟子13番弟子14番弟子15番弟子10番弟子(No.3)
16番弟子17番弟子番外:文旦の驚く剥き方〜クライマーの場合18番弟子19番弟子20番弟子
21番弟子22番弟子23番弟子24番弟子25番弟子26番弟子
文旦のステキな食べ方

2006年1月24日作成 四畳半の住人