四畳半の住人 / ガスコンロでメシを炊く / 炊飯専用土鍋でメシを炊く

■■ 炊飯専用土鍋でメシを炊く ■■
作者:四畳半の住人
 伊賀焼の炊飯専用の土鍋が大人気だそうですね。世の中、ファーストフードからスローフード(しかし、私はこのスローフードって言葉が嫌いっです。忙しい人はインスタント食べればいいし、好きでやっているのになんぞこちゃこちゃ言われて、、)へ移行しはじめました。やはり本物は飽きないって事ですね。なんでも製作待ちらしく注文してから手にするまで時間がかかるとか。。その炊飯専用土鍋を友人がプレゼントしてくれました。使わずに意見は書けなかったのでやっとこのページに付け加える事が出来ます。製造元は 長谷園、製品名は炊飯専用土鍋 かまどさん(3合炊き)です。定価は10000円(送料込)です。興味のある方はホームページを御覧下さい。どちらのリンクも新しくウインドウが開きます。  製造元の長谷園のページはちょっと見難いし重いです。ベターホームのページではさすが販売専門サイト、読みごたえあるウンチクと共に紹介されています。どちらも同じ物を同じ販売価格で取り扱っていますので、興味のある方はのぞいてみて下さい。このページでは文化鍋との比較、私がかまどさんを実際に使ってみて感じた事、取扱説明書の写しなどを紹介します。
  

伊賀焼 ご飯炊き名人 かまどさん

 かまどさんを手にした時、一番に感じたのはその重さです。厚手の土鍋で中蓋付きだから重たいとは思っていましたが その重量は3.6kgもあります。ちょっと道具としては重たい部類ですね。私の台所は狭いので重い土鍋は取り扱いに気を使います。
 確かに美味しく炊けそうな雰囲気が漂いますが、そりゃぁ、、電気炊飯器しか使ったことない場合は、ガスで炊いたご飯はどの道具でも絶賛でしょう。電気炊飯器だってその位の重さはありそうですしね。いつも文化鍋や土鍋でご飯を炊いている私がかまどさんを実際に使ってみます。

かまどさんで3合の米を炊いてみます。(緑色の字は取説から丸写し)

【下準備 30分〜1時間】 米を洗って鍋に仕込みます。ここまでは普通の炊き方と同じですので、文化鍋でメシを炊くご飯炊きの水加減と同じです。ただし、、かまどさんはご飯が通常よりも柔らかく炊けますので、私は水を少なめにしています。これが遠赤外線効果ってやつでしょうか。 土鍋で準備
【中蓋を乗せる】 中蓋には2個の穴が明いています。 内蓋をする
【上蓋を乗せる】 中蓋の2個の穴と上蓋の1個の穴が直交するように上蓋を乗せます。第2圧力室を作るって事なのでしょうが、効果あるのかなぁ、、後で計算してみましょう。 上蓋をする
【炊飯 約17〜19分+約3分】 以下、取説より抜粋します。ガスの中強火で上蓋の穴から湯気が勢いよく噴出し始める(約17分〜19分)まで炊き上げてから、そのままの状態で約3分後に火を止める。とありますが、第2圧力室のお陰で、勢いよく湯気が出るって感じじゃありません。文化鍋並みの湯気を想像していると焦げ付くことになります。御注意下さい。焦げ臭い匂いがかすかに漂う程度だと余熱で思いっきり焦げてしまいます。
【蒸らし 10〜20分】 火を切ってからそのままの状態で蒸らします。この釜は粗土使用の為、木のおひつと同じように呼吸をしているのでご飯がべと付かないと言うので、蓋を明けて一瞬だけ箸で突く必要はありません。写っているのは炭です。入れても入れなくても構いません。 むらし

 実際に使用してみての感想は、
 かなり、『かまどさん』に厳しい意見となってしまいました。土物は使い馴れるとどんどん馴染んでくれる性質のものです。まだ二ヶ月位の使用期間じゃさほど差を感じられないのかもしれません。が、狭い流し場ではあの蓋も邪魔、洗った後も邪魔と、結局、人に譲ってしまいました。味うんぬんよりも、使い勝手が私の環境に合いませんでした。単純に考えたら(コストや使い勝手など総合的に考えないと)文化鍋よりも雰囲気あり美味しく感じます。

興味ある炊飯専用土鍋を紹介 〜 黒楽飯釜

 が、どちらかと言ったら私は雲井窯の黒楽飯釜の方が気になります。文化鍋とほぼ同じ形状で土物です。しかし、こちらは3合炊きで定価\38,000円。一生物と絶賛しているサイトもありますが、たしかにこの値段じゃちょいちょいと買えません。が、炊飯器よりは安いのですが、割れる可能性がありますからね。黒楽飯釜は高島屋などで予約販売だそうです。色々なサイトの御意見を読んで、炊飯土鍋を使う前はどんな方法で炊いていたのだろう。。とついつい意地悪な考えを持ってしまいます。コストパフォーマンスを考えると、、あのお値段じゃ、、まっ、、土鍋なんて割ったことないので、大切に扱えば破損は防げると思います。私の身分じゃ、まだまだ\38,000円の割れ物は使えません。そのうち使う機会があるといいのですけど。。興味のある方は、『黒楽飯釜』で検索してみてください。色々な方の使用レポートが読めます。

伊賀焼 ご飯炊き名人 かまどさん 取扱説明書 写し
【2,800kcal/hの卓上カセットコンロご使用の場合】
取説1
●三合炊き・かまどさん
  1. 三合(540cc)のお米を研いで、約600ccの水を加え、20分間水に漬けておきます。
  2. ガスの中強火で上蓋の穴から湯気が勢いよく噴出し始める(約17〜19分)まで炊き上げてから、そのままの状態で約3分後にガスを止める。
  3. 火を切ってから10〜20分程蒸らしてください。
ニ合の米を炊く場合
  1. ニ合(360cc)のお米を研いで、約400ccの水を加え、20分間水に漬けておきます。
  2. ガスの中強火で上蓋の穴から湯気が勢いよく噴出し始める(約13〜15分)まで炊き上げてから、そのままの状態で約2分後にガスを止める。
  3. 火を切ってから10〜20分程蒸らしてください。
炊き込み(五目)ご飯を炊く場合(三合炊きかまどさん使用)
  1. ニ合半(450cc)のお米を研だ後、約170gの具を加え、約600ccの出し汁(水520cc、酒40cc、醤油40cc)に20分間浸けておきます。
  2. ガスの中強火で上蓋の穴から湯気が勢いよく噴出し始める(約17〜19分)まで炊き上げてから、そのままの状態で約3分後にガスを止める。
  3. 火を切ってから10〜20分程蒸らしてください。
玄米を炊く場合(三合炊きかまどさん使用)
  1. ニ合(360cc)のお米を研いで、約550ccの水を加え、8時間水に漬けておきます。
  2. ガスの中強火で上蓋の穴から湯気が勢いよく噴出し始める(約16〜18分)まで炊き上げてから、そのままの状態で約3分、さらに弱火にして約10分後にガスを止める。
  3. 火を切ってから20分程蒸らしてください。

その他のご使用方法

ガスコンロでメシを炊く目次

2001年12月20日作成 四畳半の住人