四畳半の住人 / ガスコンロでメシを炊く / 釜炊き三昧でメシを炊く

■■ 釜炊き三昧でメシを炊く ■■
ウルシヤマ金属工業(UMIC)製品
作者:四畳半の住人
釜炊きセット(ウルシヤマ金属工業:UMIC) このページを作るまで(2004年4月)はメインは文化鍋、たくさん炊く時には、羽釜や大鍋〔14合炊飯可)と使い分けていました。やはりね、羽釜は大量に炊くせいもあるのか、ご飯も色艶よく美味しいなぁ、、毎日使うには8合サイズは大きいし邪魔だけど、小さいの買うと高いんだなぁ、、なんて思っていた所、4月の終りに新潟の小林さん(小林金物)から「文化鍋は最高です。電気炊飯器はお米に失礼と思います」とのメールに、お米を愛しているんだなぁと感心。2回目のメールでは、小林さんはウルシヤマ金属工業在職中に、製品である「釜炊き三昧」に惚れ込み、全国を売り歩いたこと…退職後には、その惚れ込んだお釜を個人で売ろうと一発奮起、パソコンを覚え、ホームページを立ち上げたばかりとありました。商品に惚れ込み、それを商いにと商売の王道を歩いている方とわかり、とても好感を覚えました。で、3回目のメールに、「もし、ご迷惑でなければ、お釜を送るから住所を教えてください。商売抜きで使ってみて欲しい」とあり、しばし悩みましたが、ガスで炊飯する人間に悪人はいない!、サイトを拝見しても実直な作りで嘘がない。と住所をお知らせしたら、すぐにお釜が来ました。頂いたからと評価を甘くするのは逆に失礼ですので、私が思ったままレポートします。
 実はあまりにいいお釜でレポートは2ヶ月以上もかかりました。通常、最初の1ヶ月間はミッチリと使いますが、初回から学習不要な釜でしたので、逆に難航しました。炊飯量を減らす、炊き方変える、強火で放置、、と考えられる範囲でかなり意地悪に使いました。私も天の邪鬼ですから少し位の欠点がないと筆の進め方がわからなく、貰ったからいい評価なのでは? と思われたくないってのもありまして、、梅仕事も重なったし、、などと言い訳。

釜炊きセットの外観と工夫

釜炊きセット(ウルシヤマ金属工業:UMIC) 鍋本体の外観は羽釜と同じ、<かまど>と蓋が一工夫です。実はこの製品の<かまど>(私はハカマと言っていました)だけ使ってみたい…と以前から知っていました。羽釜はガスコンロでも使えますが、あの形状をもっと有効に活用するには、この<かまど>を使って反射熱を利用できればお釜全体を均一に加熱し、遠火の実現、それこそ本当にかまど炊きだろう。と思っていました。この<かまど>は、実際に商品を手にしてみれば超シンプルですが、アイデアは「コロンブスの卵」に匹敵します。あまりにシンプルで類似商品が出ないかと余計な心配です。釜が持ち上がる高さも出来てしまえば簡単に真似できますが、あの形に決めるまでは大変だったと思います。熱効率がいい高さと釜の径など関係ありそうです。 実際に使ってみて、このセットは「コストパフォーマンスは非常に高く、高級IH炊飯器のように莫大な開発費を要する商品以上の効果があり、製造過程から最後まであらゆる部分で地球に優しい商品だよね」と思いました。もし廃棄するにしても、再利用可能な材料で100%リサイクル可能と、私の琴線に触れました。羽釜も母の時代?から受け継いだもの、世代を越えても不便なく使える道具は最高です。どんなに高級な電気炊飯器でも、世代を越えて使っている家はないでしょう(右の画像は、私の羽釜です)。詳しい画像はコチラを見て下さい。→釜炊きセット(小林金物)。

 お釜本体(内側はフッ素樹脂加工とアルミ地金と2種類あり)、容量は珍しく4合炊きで、炊き込みご飯の時には、お米3合に具をたっぷり入れても大丈夫とよく考えられた容量です。 蓋は、厚手のステンレス製で重さは500gと8合炊きの羽釜の木蓋(厚さ6cm)と同じ重さ。これならば炊飯圧力にも負けません。<かまど>は、焦げ付防止加工。 <かまど受け(安全五徳金具)>は、小林金物さんオリジナルのサービス品。どうりで他所の通販では見ないと思いました。サービスにしては、ちょっと重厚で値段がはりそうな。(^^;) もちろん私だけにではなく、通常品につけているとのこと。
  あとはこびり付き防止加工のシャモジが付いていました。贅沢を言えば、、おシャモジも廃棄しやすい材質(竹シャモジなんて最高)にして欲しかったな。

 小林金物オリジナル<かまど受け> 2009年3月31日追記 
 最近の過熱防止機能付きのガスコンロに対応すべく、<かまど>の高さが低くなったそうですが、小林さんはご飯の味を犠牲にするのは?と、おニュータイプの<かまど受け>(1cm→2.2cmと高くなっています)を作ったそうです。
 我が家では、業務用ガスコンロ(リンナイRTS-2CT)に切り替えたら、立派な五徳でかまど受けが不要になりました。シングルバーナーの方で旨く炊けます。ガスコンロも釜も一生使えそうです。非常に快適な炊飯ライフを送っています。

4合炊き 釜炊きセットで3合のご飯を炊いてみる

炊くまでは、文化鍋でメシを炊くご飯炊きの水加減と同じです。
釜炊きセット(ウルシヤマ金属工業:UMIC) 釜炊きセット(ウルシヤマ金属工業:UMIC) 釜炊きセット(ウルシヤマ金属工業:UMIC)
当然ですが、<かまど>も本体も熱いです。ご飯を盛るときも厚手の鍋つかみが必要です。
 研いだ米&水を入れ、吸水(急ぎなら、吸水ゼロでもこの釜は平気)。で、強火で沸騰を待ちます。ガスコンロの熱効率は40%でほとんどの熱が逃げてしまうの比べ、<かまど>で反射して返しているので、熱効率は良くなります。沸騰も若干早いような気がします。  蓋が振動し、カチカチ→ガチガチ→噴き出して来た時が弱火にするタイミング。【かまど効果=遠火+反射熱】で釜全体が均一に加熱されるので、弱火のまま12分〜15分。取説には炊飯量により加減とありますが、遠火ゆえ時間が多くても失敗はないですが、加熱不足はダメです。  最後に強火で30秒〜1分(お好みで)。そのまま蒸らし10分。お米はツヤツヤ(写真で伝わらないのが残念)。お焦げは、2〜3分位は強火…2分後位から出来ます。浮いているので時間は厳密にしなくても失敗はないです。
加熱時間は私が試して決めました。
加熱時間は、各人のご飯の好み、水や米、火力などで変わります。
楽しんで自分の加熱時間を見つけて下さい。

【炊飯に蒸らしは必須です!(電気炊飯器も同様ですが)】

小林さんのモニターの感想に、置いておくとご飯がこびりつくとありますが、
蒸らしが終わった後は、ざっくりと全体を混ぜて下さい。
(蒸らし不足だと鍋肌にご飯粒がこびりついてます。しばらく置くとキレイに取れます)

 これはどのガス炊飯でも同じです。鍋肌にそってざっくりとふんわりと、混ぜるのが大切です。
だからシャモジは、先丸を斜めにカットしてある形状が使いやすいと思います。
この状態がお櫃に移すタイミングです。お寿司のご飯も同様。

 強火→中火→弱火といつもの炊き方も試しましたが、オススメ通りに強火→沸騰→弱火が一番いいようです。文化鍋の縁がウォーターシール効果と同じ効果があの蓋の曲がり部で発生します。 <かまど>と言う洗い物が増えるという御意見もありましたが、洗剤でごしごしと洗う必要もないのでたいした問題じゃありません。電気炊飯器の方がより洗い物がたくさんですよね。 だいたいそんなに汚れません。文化鍋はプチプチと飛び散る事がありますが、この釜ならばガスコンロの上面も汚れません。
釜炊きセット(ウルシヤマ金属工業:UMIC) 釜炊きセット(ウルシヤマ金属工業:UMIC) 【釜炊きセットの注意点】
 蓋が重厚で、かまどがあるので内部の音は聞こえにくく、耳で判断するよりはタイマー(バネ式の安物で可)が便利です。匂いでも分かりますが、ブザーがなる方が安心。多少、時間が長すぎても失敗がないのがいいところです。15分以上も火に掛けっぱなしなんて時もありましたが平気でした。この鍋で焦がすのは大変です。でもさすがに弱火にするのを忘れると焦げますよ。
【フッ素樹脂加工タイプ】 ミッチリ使った後に、「フッ素加工でなければ満点な商品です!」と伝えたところ、「実はあるんです」とアルミ地金がやってきました。私って我儘。 【アルミ地金タイプ】 フッ素無しでも、こびりつきはありません。最後に3分強火でも平気。シャモジは竹製で前から持っていたもので、先が斜めにカットされています。

釜炊き三昧を実際に使ってみて

 一回目の炊飯で、「失敗がない鍋だな」と感じました。弱火での加熱も直接に火が鍋に当たらず、釜自体は浮いています。で、その浮いた回りは<かまど>の反射熱で直火よりも均等に熱が回ります。この鍋全体に均等に熱が伝わる利点を特に感じるのは、炊き込みご飯の時です。直火ではどうしても調味料が下に焦げ付いたりしますが、米が入っている部分の釜全体を同時に加熱し炊き上げるのでキレイに色艶も良く炊けます。 ガス火力の効率は40%弱とほとんどの熱が鍋の外に逃げてしまうのに比べて、かまどで熱を釜に返す方式は熱効率もよく、ただのガス炊飯よりも釜全体を均一に加熱することが出来ます。羽釜でも他の鍋よりもワッカの部分で熱を返すのでお米が入っている部分全体を均一に一気に温め、効率はよいのですが、この鍋はさらに効率がいいのだと思います。羽釜の利点であったご飯の艶も質もそのまんま継承されているのがいいです。少ないお米(1合〜2合)でも、4合でもどれもキレイに美味しく炊けます。特に、釜全体を周囲から加熱する方式ですので、炊込みご飯は調味料が下に焦げ付くこともなく、本当にキレイ炊けます。 3合炊いても余裕があるから具をたくさん入れても大丈夫。 自宅のガスコンロでかまど炊きという広告に嘘はありません。<かまど>も意外とコンパクトでした。

フッ素樹脂加工品の欠点 〜 台所用品は世代を越えて

羽釜 最初はフッ素加工の鍋。確かにポロリとご飯が取れますが、私はご飯の仕上がりが評価しにくいフッ素加工品は嫌いなんです。それをすぐ小林さんに伝えると、アルミ地金のお釜がやって来ました。アルミ地金でも遠火の威力で焦げ付きはありません。アルミ地金の方が米粒が美味しそうに見えるのは贔屓目かな。半永久的とは言え、フッ素加工は、何年も使えば劣化し、だんだんと性能と落ちていきます。「NHKの食彩工房」に”フッ素加工のフライパンは駄目になったら、毎年買い換えて気持ちよく使う”と書いてありますが、とんでもない話しですね。 安く買えるけど、捨てたら埋立地行きと思うと、売っているのを観るのも辛い。金属は再利用しやすい資源なのに… 実際には、このお釜のは、通常の使い方をする分には火から遠いのでフッ素樹脂加工は半永久的なのかもしれませんが、ゴシゴシと擦ったりお米を研いだりは避けたほうがいいと小林さんのコメントです。
 
丁度、テフロンの炊飯器についてご意見を頂きました。テフロンが剥げても捨てられない!には共感です。 で、お釜、購入されたようで、私もこのページを作った甲斐があったなぁ、、と嬉しいです。2005年8月29日追記  

〜*〜 炊飯について 〜*〜 
 我が家の電気炊飯器は、釜のテフロン加工がはげていて、下のほうはネチョネチョで黄土色のゴハンになってしまいます。テフロン加工、家庭で再塗装?できたらいいのに・・・。本体は、まだまだ現役なのに買い替え。なんだか納得&決心できず、ずるずる2年くらいそのままでした。 とてもネチョネチョ部分が気になり、かつ、気力が充実しているときは、ガス炊飯のページを参考に手持ちの鍋で炊いていました。最初は、自分でごはんを炊けたことに感動しました(これで無人島でもいきていける(笑)と)。
 最近、釜炊き三昧絶賛のページを読み、思い切ってアルミ地金の4合炊きを購入。手持ちのナベに、重みのないフタ+ドンブリ(重り)をのせて、火加減をおっかなビックリ調整していたのとでは、気分と味が大違いです。時間以外は気にすることなく、ふんわり甘く炊けました。さらに、おにぎりを作るときにモチモチさを実感しました。まとまりがいいです。(大阪の川上さん:2005年8月)
 私の羽釜は、刻印が旧字体ですから、母が買ったのか、それとも母が田舎から持ってきたか、どちらにしろ古い物です。外観はうす汚れても世代を通じて同じ機能を発揮する品物っていいですね。あの羽釜の内部がフッ素加工されていたら、私の元に来る前に捨てられていたでしょう。どの家にもありませんか? ツマミが取れてボコボコに凹んでいるけどお婆ちゃんが好きだった鍋。 圧力鍋でも同様、販売元がなくなれば(理研の小鍋ちゃん)、パッキンを交換しようにも面倒です。長い期間、機能が低下なく使える道具=シンプルな釜が一番です。電気炊飯器は一生のうちに何度買い替えますか? フッ素のフライパンは何枚買い替えますか?買ってから、自分の代、次世代も使える道具なんて素晴らしい。 フッ素加工鍋は使いやすいのですが、ご飯や料理の出来不出来も教えてくれません。炒め物にしてもそう。空焚きも、高温にも使えない。ご飯のように毎日炊く鍋に関しては「今日のご飯を鍋に評価される」のは大事なことです。実際には、アルミ地金でも遠火の為、焦げ付いたことはありません。購入する方はアルミ地金のタイプ(小林金物さんで購入出来ます)をお勧めします。
 私の説明が悪いのか高圧的なのか、こんな風にも言われますが、、、(^_^;→某巨大掲示板よりハードコピー 小林金物さんはとても誠実な方で、「フッ素加工は寿命が短いから困る」といった感覚を分って貰えて、地金の釜を全面に扱ってくださいました。 私は好きな物(人)しか紹介しないのに、アフェリエイトと言うか〜〜! このサイトで少しでも収入があれば、生活も楽になるかね。(^^;) フッ素加工鍋でいいなら、他のWEBサイトでちょいと割引で買えばいいと思います。
 どうせ私は不潔な女ですよ。。でも、「ネズミの横で梅を干した」とか、、、イヤなら観なきゃいいのにね〜。管理人は、読者を選べないのが辛いです。 (^^;) だいたいね! 「米のおいしい炊き方」なんて掲示板でワーワー言うより、自分で試行錯誤するのが一番!ほんと、アホかと。。

不便と感じるかもしれない点

 炊き上げた釜を移動する時には、厚手の鍋つかみが必要です。でもまぁ、その辺は普通の鍋でも同じです。一番気に入らなかったのがフッ素加工だったので、アルミ地金ならば、満点です。製品の性質上、鍋が触れてないとガスが出ない空だき防止機能付き、過熱防止機能付きのガスコンロには使えません。 あえてアラ探しすれば、せっかくだからシャモジは竹がいい!とか、狭い台所だから、<かまど>の下の方に穴でも開けて吊り環(金属リング)をつけてくれて使わない時は吊るせるといいな(2009年解決)。 炊き上がった釜は<かまど>ごと移動が多いのでリングの様な持ち手があると更に嬉しいな(吊り環と兼用になるし)。でも、そうすると値段も上るし、洗いにくくなるかな。やっぱりいいや。ってな位でお釜以外の事ばかりですかね。どちらにしろ鍋掴みがあれば、五徳の部分に隙間がありますので、持つときは底に手を入れられるので何の不便もありません。文化鍋を長いこと使ってきましたが、ご飯炊きはこの釜に仕事を譲りそうです。

釜炊き三昧 使用レポート後書き

 このレポートを書くにあたって一番悩んだのが、いい鍋だったことです。貰ったから公平に見てないんじゃ、、と言われかねない結果でかなり困りました。まぁ、私は羽釜が一番って思っていたから、羽釜の進化版のこの製品の評価は、当然の結果なのですけどね。ちなみに、ガス炊飯したことない友人に、沸騰後に弱火12-15分、最後に強火1分と伝えたところ、本人も感動する程上手く炊けて驚いていました。誰でも上手に炊けちゃうと、炊飯修業してきた私はちょっと寂しかったりするけどね。(^^;) しかし、シンプルなコロンブスの卵アイデアだから、真似されちゃったりしないかしら。類似品が出ても小林さんの熱意があれば大丈夫かな。悔しいけど釜炊き三昧派になりました。

 小林金物さんは、さすが製造元にお勤めだっただけあって、商品への思い入れは一番です。印象に残っているメールに、「日本の家庭10軒に1軒はあってもいい商品じゃないか」と思って売り歩いた。とあり、またまた〜〜と思っていましたが、マジ、その通り!と私も使っていて惚れ込みました。その品物を愛している人から買うのが賢い消費者と思います。量販店で安く売る店だけがいい店じゃないです。だいたいねフッ素加工品全盛の中で、孫の代まで使えるアルミ地金タイプを表に出してくれるなんていいじゃないですか! 質問にも答えてくれるでしょうし、アフターもバッチリかと。 → 小林金物

釜炊き三昧のサイズの選び方

 電気炊飯器ならば、3合か5合かなんて悩む人が少ないのに、なぜか鍋炊きになると、サイズに悩む人が多いようなので、アドバイス。電気炊飯器を買うとしたら1人暮らしでもないかぎりは、5合タイプを買うと思います。釜炊き三昧は、4合&6合と半端な容量ですが、炊き込みご飯の具を考えると、3合&5合と考えて問題ありません。一人暮らしの私でさえ、3合の米と具を山盛り入れる炊き込みご飯の時には、小さいと感じて、8合炊きの羽釜を使います。
 一人暮らしでも4合炊、2人以上ならば、6合炊きがをお薦めします。電気炊飯器の場合は、大きいサイズで少量の炊飯は電気代も掛かるし、美味しく炊けませんが、この釜炊き三昧は、少量でも問題なく炊けます(我が家の実験では、0.5合でも問題なし)。この釜に限っては大は小を兼ねます。で、炊飯器よりも遥かにコンパクトで、少量でも問題なく炊ける釜ですから、大きさにこだわる必要はありません。2合炊きは小食なお年寄りの家庭で毎回ご飯を炊くにはいいかなぁ。我が家は8合炊きの羽釜があるので、4合炊きで間にあいますが、羽釜を持っていなければ6合炊きを使うと思います。ご飯もたくさん食べるのですが、通常は2合から3合炊いています。

<かまど>に一工夫:壁面フックに掛けられるように改造

羽釜羽釜 我が家の台所は畳半畳程度と非常に狭いです。だから、電気炊飯器も電子レンジも、嫌い以前に、置き場所が無いので持てない訳です。釜炊き三昧はずいぶんとコンパクトではありますが、それでも、コンロの上では邪魔なので、壁面に引っ掛けています。電気ドリルで<かまど>の縁に穴を明け、リングをつけると、これが便利。手間と効果のコストパフォーマンスは優れています。私の様に邪魔だな〜と思っている方はぜひお試し下さい。リングは適当な物で,2連にするのがコツです。写真は釣具のフックを間に入れています。そ,我が家は業務用ガスコンロ(リンナイで<かまど受け>は必要なくなりました。火力もアップしたコンロは、釜炊き三昧と相性抜群です。

 左の写真は9年後,右の写真は5年後です。<かまど>の色は落ちましたが機能は変わりません。電気炊飯器なら5年も使えば、ご飯の味は落ちてきますが、ガス炊きは逆で自分の火加減も勘も上がりますし、炊飯時間感覚が身体に染みついてきますので、年数がたつごとに、さらに美味しく気軽に炊けるようになります。釜炊き三昧でなくても、ガスで炊いてみてください。電気炊飯器は無用な家電品と分って貰えると思います。エコエコ言うならガス炊きです! → 電気炊飯ジャー比較記事に物申す!〔2009年3月31日追記)
ガスコンロでメシを炊く目次

2004年6月30日作成 2009年3月31日追記 四畳半の住人