四畳半の住人 / ガスコンロでメシを炊く / 羽釜(はがま)でメシを炊く

■■ 羽釜(はがま)でメシを炊く ■■
作者:四畳半の住人
羽釜 この釜は、母親が炊飯用に使っていたもので、4年程前〔2000年)までは現役でした。実家を片付けることになり、見に行ったら捨てられていたので誰かが使うかもと拾い上げました。これは、羽釜(=はがま)といわれ、かまどでご飯を炊くように専用に作られた鍋です。底が厚く、丸みがあり、熱が均等に回りやすいようになっています。私はかまどを見た記憶がないので、母が 持ってきたものでしょう。幼少の頃は電気炊飯器の記憶がありますが、主に使っていたのは、ガス炊飯器で、この釜は炊飯器を出すのが面倒なときに活躍していました。しかし、機能的に優れた道具は外観のバランスが美しいと思いませんか?

羽釜(はがま)でご飯を炊いてみる

羽釜 羽釜 羽釜
炊くまでは、文化鍋でメシを炊くご飯炊きの水加減と同じです。
 米を水で洗って、しばし吸水。この大きさは0.8升用ですが、そんなに食べられないので3合で炊いてみます。普段使っているざるが丁度すっぽりと収まります。釜が変わっても、強火→沸騰→中火→弱火5分は変わりません。  せっかく底が球形なのに、ガスコンロではその形状を生かせません。しかし、平らな鍋底よりは均等に熱が加わりそうです。かまどってのは偉大ですね。火の調整などは文化鍋の時と同じです。重い蓋が頼もしい。  どの鍋でも同じですが、出来たら混ぜることを忘れずに! 忘れるとどんな道具を使っても美味しくありません。お焦げを作るのは文化鍋よりも調整しやすいです。

はじめチョロチョロ なかパッパ 赤子ないても蓋とるな 

 ってよく言われています。だから、最初から強火でいいのか!とメールをいただいたこともあります。現在は燃料がガスで火力調整ができるのでいいのです。昔は、稲を脱穀した後にでるもみ殻を燃料にしていて、火力の調整ができない状態で、米を炊いていたので、はじめはチョロチョロになってしまうだけです。火が勢いよくなり、かまど全体に回ると、なかパッパで、内部に圧力がかかってきます。この段階からは蓋を取るなってことです。最初の火加減をチョロチョロにしろ!と言うことではなくて、最初はチョロチョロだよ、で、火力が増してくるよ!そうなったら蓋を取らないでね!と言う意味です。現象の説明と思われます。
 現在は、強力なガスが自由な火加減で使えるので、一気に内部の温度をあげる為に最初は強火が美味しく炊くコツです。

羽釜炊飯について

羽釜 羽釜 羽釜
 文化鍋でもトップブランドの亀印で、18cmとあります。本体の重さは、580g、蓋の重さは、600gでした。0.8升の米が炊けます。鍋底は年期が入っていて、炭がこびりついています。きっとかまどでも使っていたんだろうなぁ、、と想像できます。  使わない時も置きやすい形、まな板にもなりそう。把手はめ込みで乾燥するとスルスルと抜け、濡れるとピシっと止まります。木はデンプンまじりの蒸気と相性がよくシールされやすいのか圧力もビシっとかかるようです。昔の日本人の知恵と技術に感心。  鍋底は丸みがあり、熱が均等に伝わりそうです。かまどならば、羽の部分からも熱が伝わり、さらに熱が均等に伝わります。だから、ガスで炊くときは、最初の強火では、羽にあてるほどの強火がいいかもしれません。文化鍋とも比べても熱が均等に伝わっているのが実感できました。
 羽釜は、まだ普通に売っていますが、生産個数が少ないというのもあるのでしょうが、意外と高いもので驚きました。インターネットで調べてみると  まだまだ使う人がいるってことですね。羽釜をさがしていて、面白いページを見つけました。実験も面白いです。さすが、炊飯器メーカー、こだわっていますね。そのうち鍋よりも美味しくできる電気炊飯器が出来るのでしょうか。
 この羽釜、このページを作った後は、誰かに譲ろうと思っていましたが、8合の米が炊ける割には鍋が小さくて扱いが楽なので、行楽用のお弁当を作る時に便利かなぁ、などと思っています。今までは、3合炊き文化鍋で2回炊いていました。まぁ、しばらく使い慣れるまで使ってみます。意外と、文化鍋よりもご飯の固さの調整が簡単でした。焦げを作るのも簡単です。あの底の丸みが大事なんですかね。ちょっと工夫してガスコンロ用のかまどを作ろうかな。でも、あんまり高熱になるとガスコンロが危険か。
何度か実際に使ってみて・・・ お米が研ぎやすいのに驚いた。そして、水替えも非常に工夫されていて米がこぼれにくい形状(縁が少しだけ内側に角度をつけてある0のにもビックリ。あの形はかなり完成されたものだったんですね。 2004年7月29日追記
ガスコンロでメシを炊く目次

2004年7月1日作成 四畳半の住人