四畳半の住人 / 今日の一言 総覧 / 2018年2月〜

■■ 今日の一言 ■■
2018年2月〜
四畳半の住人 -
19歳…未成年に拳銃を持たせる職場 (4月15日)
 なんかね,仕事が急にバタバタと入り込んでネットを見る間も更新する元気もない。真剣に仕事を辞めたほうがいいのでは?と思い始めました。台湾記録を作る前にもう5月連休は目前。どっか行きたい!と現実逃避中。しかし,財産ある訳でなし,養ってくれる人が居る訳でもなし… もう50も超えたオバハン。派遣の身,身体を壊したらゼロになるからねぇ。ゼロになってしまったのは,同寮を射殺した19歳の警官。。。彼は少年法で守られてゼロではないのだろうね。報道にも警察という組織にもすごく違和感。未成年だから名前も伏せられている訳だけど。。。。そういう未成年に拳銃を持たせるのは間違っていませんかね。たった一人と言われても,警察学校は10ヶ月? 切れやすい性質を見抜けないなら拳銃は持たせるべきでない。頭に来たから背後から頭部に,,とは警官向きでない。責任も取れない人間に6ヶ月や10ヶ月程度の教育で拳銃を持たせる。少年法以前の問題のような。。。拳銃で射殺は自動車事故とは違うよねぇ。 
3月1日より ゆうパック料金 値上げ (3月12日)
 私は年間ではかなり荷物を送ります。送料が安くなるよう色々考えて,チケット屋の割引切手を使う。1日に持って行ったらその日より値上げしてた。今回も,クロネコ便よりほんの少し安い価格設定。重量も30kgから25kgに減ってクロネコと同じ。郵政省は以前からクロネコ追従。利便性を考えたらクロネコには負けてるんだから,独自の特色とかないと数十円安くてもダメだと思うんだけどね。そういう事を考えられる人材が居ないんだろうな。しかしね,クロネコも郵便局も料金区分が納得できない。お隣の県も本州最北の青森も同じ....遠方は割安と考えればいいのかね。
 新料金表.pdf / ちょっとした荷物の送料覚え書き 
インフルエンザには梅酢,見舞いには文旦! (^O^)  (2月25日)
  一昨年が人生初のインフルエンザ。今年は大丈夫みたい。友人がB型→A型と発症。閉じこもっているので文旦を差し入れ。 自分が座ろうと思って空席の一番弟子の座には未だ座れず。今年の露地文旦も最高に美味しいです。私御用達の オレンジハート,,宣伝って訳じゃないけど,愛情たっぷりでムロで保管。●天や●●ショッピングで買う露地物とは大違い(自分はあちこち試食済み)。今年二度目の注文。
 で, 梅酢にインフルエンザ抑制成分?ですって。うがい水に入れたらいいかな。我が家は玄米に入れて炊いてます。 梅酢+インフルエンザ google検索  梅酢は森農園さんが超おすすめ(私も毎年使ってます)梅とみかんの森農園
素敵な歳のとり方〜友人母上 油彩展  (2月13日)
 友人陶芸家,今月は母上との共同の個展開催。 母上は,油絵を続けて50年とか。 御年85歳だか86歳? せっかくなので,ご本人のコメントを頂いて載せることにした。友人は,ちゃんと書けないのでは?と思っていたようですが,友人の毎度のへりくだり過ぎる文章も添削してもらいなさい!って文才のある御方でした。私もこんな素敵に歳を重ねることが出来るでしょうか。感動しました。→ 「二人展」山嵜澪子 山嵜直子 2018年        (2月13日)
 
インフルエンザ 流行るのわかる  (2月4日)
 大流行のようですね。子供のワクチン接種率も影響はあると思うけど,やはり皆の意識低下が原因だと思います。【中華料理屋で後ろのカップル】:「俺さ,先週,インフルだったんだよ」「会社に内緒なの?」「どうして私には言わないのよ」「だから伝染らないようにしてたんだよ」(私はすぐ店を出ました);【銭湯で】:電話交換手の娘がインフルで大変だった…でも,5日も休むと報酬が減るから,誰も熱が下がるとすぐ出勤するのよね。生活もあるし,仕方ないでしょう? 【ご近所1】奥様がB型から回復,旦那は具合悪くなったけど変わり者だから病院行かないのよ。【ご近所2】補助教員やってる息子,インフルなのに小学校に行ってる。言っても聞かないから放っておく。【職場】真っ赤な顔で遅刻してきた同寮に(風邪ですか?,インフルは大丈夫?)「ワクチン打ったから平気!(=未検査)」
 実に呆れる馬鹿者が多い。同寮の奥様が妊娠してたら? 年老いた身体の弱い老人を抱えていたら? ワクチン打ってるから平気? ほんとオツム弱い。 小学校の子供らに感染させて重篤化してしまう? など微塵も考えず,自分の都合だけ。思考も浅いし自分勝手な思考回路ですね。考察力の低下,マスクも手洗いもそう役に立ちませんね。感染させる可能性を知りつつ出勤するのは,傷害罪ではないのかね。
2018年3月の一言 / 2017年7月の一言
今日の一言 総覧

四畳半の住人